スマートフォンサイトを表示する

札幌市中央区のマッサージ・整体・カイロプラティック・鍼灸対応の治療院。豊富な経験に裏付けされた技術と実績の札幌大通長生院。

地下鉄大通駅直結 土日も休まず診療

メールでのお問い合わせ

TEL 011-241-7800

スタッフ紹介

  • 院長 戸田 一樹
    「どうぞお気軽にご利用ください。」

    実際に患者さんに会うまでもなく、触ることもなく、例えば電話で患者さんとお話をしただけで、病気の原因や、治療方針、さらに患者さん自身気がついていない部分の疾患まで 判ってしまう。
    これがプロの治療家だと思います。
    私は世の中の多様化に連動し、高齢者のみまもりやゲートキーパーとしての活動、後進の保険指導、不正防止指導 、技術指導や学術研究、講演と100年以上の歴史を持つNPO札幌鍼灸柔整マッサージ師会の一員として活動もしております。
    また治療院の仕事としては美容鍼灸の実施、訪問マッサージの拡大など新しい試みも積極的に進めています。
    最近の西洋医学の傾向としては(マッサージも西洋医学に位置付けられておりますが)データ分析に重きを置き、患者様の顔色を見ることよりパソコンの画面を凝視し、また患者様の体に触ること(医学の基本‘手当て’)さえしないという事実があります。
    子供は母親のぬくもりだけで体や心の不調も治ってしまいます。
    どうぞ経験豊か知識豊富な‘手’ に触れてもらいにいらしてください。
    メール、FAXでの病気に関する無料相談をいつでも承ります。 どんな些細なことでも構いません。どんどんお寄せください。私は東京,大久保の、東洋鍼灸専門学校出身です。あなたのお住まいの近くで良い治療院をご紹介することも出来ます。どうぞお気軽にご利用ください。

  • 川村 政雄

    「こんにちは」と挨拶を申し上げ、ご返事をくださるその声を聴いてから、もう私は治療の準備に入っています。
    『この声の感じは経過が良いほうだな』『まだ辛そう』『いつもと違う声(なにかあったかな?)』など、視覚を失っている私は顔色もしぐさもわかりませんが、聴力とその他の感覚器を最大限に使い、マッサージ・鍼・カイロプラクティック・運動法などをもって治療にあたっています。
    治療師となって30年になります。5万数千人を直接、矯正のみの治療を加えると10万人以上の方に施術をさせて頂きました。老若男女どなたでも治療いたします。
    治療にあたって私は【自己満足をしたい】【患者さんの立場になって考える】【初心を忘れない】この3つを胸に刻み、心身ともにベストな状態に置くことを常に心がけております。
    私も頭痛、肩こり、腰痛、手足の痺れ等経験しているので、微小でも患者様の痛みや悩みが解るつもりです。
    健康管理等、気にかけなかった青少年時代。空手・サイクリング・時計や電化製品の修理・工作等の趣味に日々を送っていた20代半ば、視覚に急変が。やむなくマッサージの道しかないかなと。
    しかし治療家になってからの私は生まれ変わって2度目の人生を見つけたような思いです。微力ながらも人様のお役にたてる事が出来ると知り、この生きがいを生涯持ち続けたいと思います。
    1951年(昭和26年)8月2日生まれ 卯年 B型。
    あなたは体を大事にしていますか?
    おやじギャグを封印したおじさんが11番ベットでお待ちしております。

    2012年7月吉日

  • 河合 進

    はじめまして。1番ベッド担当の河合です。
    数年前にダイエットをした私です(まだまだ太いですが)
    日々暮らしている中で、首、肩が凝り、頭痛やめまいがする、背中が亀の甲羅のように張り眠りが浅い、腰が芯からほぐれづらい、などなどございませんか?
    そのような方は是非当院へお越しくださいませ。
    固い患者様をほぐすことに私はやりがいを感じております。
    凝りが楽になれば、その日の夜はいつもより短めにお風呂を済ませ、早めにお休みくださいませ。
    私どもスタッフ一同、心よりご来院をお待ち申しております。

    2012年7月吉日

  • 太田 一憲

    初めまして。大通長生院の太田一憲です。
    63歳・勤務歴20年、按摩マッサージ指圧、鍼、カイロプラクティックを用いて、皆様の健康づくりのお手伝いをするのが私たちの仕事です。
    そこで皆様、肩こり、肩関節の痛みにより腕が上がらない、腰が痛い、足の痺れ、股関節の開きが悪い等の症状はありませんか?
    これらの症状は、筋の疲れ、凝りなど体の歪みによって起こっている場合があります。
    それらの症状を緩和し、歪みを取ることによって免疫力を高め、体をリフレッシュし、快適で楽しい毎日を過ごすため、当院にいらしてみてはいかがでしょうか?お待ちしております。

    2012年7月吉日

  • 関谷 武広

    1972年7月17日生まれ かに座 A型
    私は21歳の時に幣院に入社いたしました。
    当時はアトピーがひどく、あちこちを掻いてばかりで血だらけになっていました。アトピーはマッサージ・鍼・カイロプラクティック(矯正)をしてもらうことにより、劇的に改善されました。そのほかにも食事の制限、腰部へのアイシング、水分の多めの摂取など色々なことをしました。アトピーは必ず改善されます。薬はなるべく使用しない方がよいと思います。
    次に肩こりについてです。
    肩こりは血液の循環が悪くなることが原因となることが多くみられます。普段の生活習慣と逆の姿勢やポジションを取ったり、歩いたりすることをお勧めします。また顎を引くと自然な姿勢に近づきます。
    高蛋白低脂肪摂取、炭水化物の制限など食事面から気を付けることも、体を元気にするためには必要なことだと思います。
    最後に腰痛についてですが、急に腰が痛くなったときは保冷剤をタオルで巻いて患部に冷たくなるまで当ててください。とにかく腰を触って熱感があるときは必ず冷やしてください。
    アトピー・肩こり・腰痛について簡単に書きましたが、ほかにもめまい・耳鳴り・イライラなど数多くの症状を改善することが期待出来ます。
    メール電話等で相談して、納得してからいらしてください。
    皆様のお越しを心からお待ち申し上げております。

    2012年7月吉日

  • 塩谷 秀実

    スポーツ大好き中年おじさんです。
    少年時代は野球に明け暮れ、高校入学後は甲子園(!?)を目指したがあえなく挫折。現在はもっぱら観戦のみ。
    年に数回の札幌ドームでの日本ハムファイターズの応援と、妻に無理やり引っ張り出されてのパークゴルフ。
    30代半ばで視力を失い、その後鍼灸マッサージ師の資格を取得し現在に至る。
    今は嘱託で火・水・土・日と週4日の勤務ですが、30年のキャリアを生かし頑張っています。
    座右の銘はあいだみつおさんの「一生仕事 生涯青春」

    2012年7月吉日

  • 中野 玉江

    楽しく生きるために健康は一番の財産」
    治療を受けてみたいけどどこに行ったらいいのか悩んでいませんか?
    この先をちょっと読んでいただいて、前に進んでください。
    Q:血液の流れが悪くなると、体にどんなことが起きるの?
    A:簡単に説明しますね。
     働きすぎ悩みすぎ薬の飲みすぎなどで過度なストレスを受けたとします。
     すると交感神経が緊張→アドレナリンの過剰分泌→顆粒球の増加・活性酸素の増加・血行障害→病気や痛みの発生と言う事になります。
    血行障害は男女ともありますが、特に女性の方に脂肪が多く、脂肪に入っている血管は非常に細いので重大な原因となる確率が高くなります。
     血行障害で交感神経が優位になり病気や痛み、肩こり、腰痛、ひざ痛、神経痛など様々な症状が発生するのです。
     特に低体温(36度以下)の方は免疫力の低下に要注意です。
    Q:治療ってどんなことをするの?
    A:あなたの体の症状をお聞かせいただきます。症状に合わせた全身への手技療法を致します。ご相談により鍼(美容鍼灸もあります)灸も使用いたします。
     女性の方のお顔や胸部や下腹部などにも治療いたします。さらに治療としての各部位のストレッチも行います。治療中にわからないことや生活上の注意点など、お気軽にご質問願います。

    私事ですが、母として主婦として治療師として経験してきたすべてのことがお会いできるあなたのお役にたてましたら幸いです。

    ☆ご来院出来ないあなたへ☆
    楽しく健康に生きるために
    【1】〈睡眠・働く・遊ぶ〉24時間を3分の1ずつバランスの良い生活を心がけてみてください。さらに体は冷やさないように。
    【2】〈歩く・お風呂・温かい飲食〉筋肉は勝手に伸びてくれません。
    【3】〈屈伸・ひねる・ゆする〉「3×3サンサン元気」と覚えて太陽のように明るく温かく楽しく過ごしていただけるように願っています。

    2012年7月吉日

  • 砂田 義和

    現代社会において、仕事や家庭それらに伴う複雑な社会環境が生む「ストレス」
    このストレスが現代の疾病の原因となっているといっても過言ではありません。
    ストレスを回避しようとする思考、技巧がさらにストレスを生むこともあり徐々体調を崩していく人が増えています。現代病「心身症」です。
    鍼灸治療は人の抵抗力を増加させ、未病を治すといわれ、様々な病気に対する予防効果のみならず、実際の治療への応用力が十分あり、「保健・予防・治療」をすべて併合したきわめて合理的な治療法として理解、研究されています。
    また近年はスポーツ領域においても、その人口の増加に伴って生じる障害の予防と治療、さらにはコンディションの調整を目的に受診される患者様も増えています。
    治療を通して皆様の生活が少しでも楽になればと思います。
    ぜひ一度いらしてみてください。お待ちしております。

    2012年7月吉日

  • 五十嵐 巧

    初めまして、五十嵐と申します。
    先の読めない世界情勢、ここ日本においては春夏秋冬四季にそぐわない天候。
    寒暖の差が激しく、様々な意味で大変な日々が続いておりますが、皆様におかれましては、毎日のお勤めご苦労様でございます。
    日々の疲労回復にはいかに全身に血液を巡らすかでございますが、わたくしが思うには、身体的にはストレッチ、精神的には睡眠であると思います。
    現代人は私も含めましてなかなかうまく自分自身の癒しの時間が取れないのも事実でございます。
    どうか大通長生院にお越しください。
    お金は頂きますが、癒しの時間を提供いたします。
    当院ではお顔の美容鍼灸も行っております。
    お顔の表情も会話と同じで人と人とのコミュニケーションの一つ。表情を作ることで表情筋も(筋肉の収縮により)疲労し固くなっていきます。
    鍼により血行改善を促し栄養たっぷりの血液を疲れ切ったお顔の筋肉に流し込んであげましょう。
    あら不思議!疲れ切ったお顔に生気がみなぎり、すべての物事がうまくいくように願ってやみません。
    それでは大通長生院にてご来院お待ちしております。

  • 小関 優美

    こんにちは。平成20年入社、小関優美(こせきゆみ)です。
    以前は全く違う職業に就いていましたが、24歳の時思い切ってこの世界に飛び込みました。
     私は今も昔も体が大きく、コンプレックスに感じることも多くありました。
    しかしこの鍼灸師という職業に就いてから、患者様に「大きくて温かくて柔らかくて・・・優しい手ですね」と言っていただき、短所と感じていたことが自信と自慢に変わりました。
    この大きな手で、時に厳しく(?)優しさと安心感一杯のお母さんのような治療をしていけたらと思っています。・・・独身ですけどね(笑)
     何年経っても学ぶことの多いこの仕事ですが、院長をはじめとした経験豊富な先輩たちの知識や技術を思う存分吸収し、さらに自分の努力を加えて、患者様に「また来ます!」と言っていただけるような「小関流」の治療をしていきたいと思っています。
     それぞれの治療家がそれぞれの技を磨いてお待ちしておりますので、ぜひ札幌大通長生院にお越しください。

    2012年7月吉日

  • 阿部 亮介

    みなさん初めまして、こんにちは。
    この4月に入社いたしました、阿部と申します。
    私は現在諸先輩たちの技術を覚えるべく日々見学と先生方のお手伝いとして(主に11番で)患者様の下半身の指圧をさせて頂き、勉強しています。
    ここにはとても優秀なスタッフがいます。お客様ご自身にあったスタッフを見つけて「満足」していただきたいと思っています。
    私は一日も早く優秀なスタッフの仲間入りができるように頑張っていきたいと思います。私は、見た目では小柄で腕も指も細くひ弱そうに見えますが(一部肯定します)「気持ち良い、またお願い」と言っていただけるように一生懸命施術していきます。
    まだ入社して3カ月半ですが、お客様の足を運動療法としては引っ張っても、先輩スタッフの足を引っ張らないように頑張ります(笑)

    2012年7月吉日

  • 宮口 留美

    「皆様に気持ちよく帰っていただきたいと思っています。」
    来院される患者様の多くは、体のどこかが痛んでいたり、不調であったり、辛い状態で来られる方がほとんどです。
    当院の施術によって健康的な体に戻る事に加えて、「来て良かった!」「また来よう!」と思って頂けるように、スタッフ一同一生懸命頑張らせていただきます。

    ご来院おまちしております!!

    2012年7月吉日